うつ病になって思ったこと、気がついたこと、見えてきたことを綴ります


by amaimi_naru

<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

とにかく

つらいときは からだのなかから

ぎもんや ためこんだものを かいほうしてあげるんだ

かんがえすぎて わからなくなったものは

もう かんがえない

ためこんだものは からだのそとから だす

どんなほうほうでも いい

つらかったゆめを のーとにかきこんで

そのことから はなれてあげてもいい

なぐりがきでも いいんだ

かなしいきもちでも くらいきもちでも

なきたいきもちでも ちょっとのゆめでも

なんでも

そして じぶんが なににこわがっているのか

なにに ふじゆうしているのか

どういう じぶんが いやすいか

いっこいっこ かいぜんしてあげてみる

いちにち いっこできなくていも

それはそれ いちにちは いちにちで

わすれちゃう

どうかな
[PR]
by amaimi_naru | 2011-06-25 20:18 | こうしていたよ&こうしています

そして

どんなに けんこうなひとでも

いつも いつも まえむきであるとは かぎらないみたい

どんなに つよいひとでも なきたいひも たくさんあるみたい

だから みんな ひとりひとり こどくなよるもあるみたい

くらいくらいとんねるを ずっとずっとあるいていて

いつあけるのか わからなくても

それでも あるきつづけること

どんなに ちょうじんでも もうなげだしたことあるみたい

だから しんじてあげて どんなひとでも よわいところ

ひとつやふたつ あること 

だから どんなひととも なかよくなれるんだよ

そうしながら みんなで いいかんきょうをつくって

かいぜんしあって いきているんだ

だって 

あの みんなで つらさをあじわって かいほうされたときの

うれしさって かくべつだもの
[PR]
by amaimi_naru | 2011-06-25 20:10 | つれづれ

とにかく

まだまだ まいにちが つらかったとき

いっぷんでも いちびょうでも うしろむきじゃいけないと

おもいこんでいたじぶんがいたとして

それを いつも おもっていないと たっていれない

そんなじぶんがいたとして

そういうときに えた ちしきが どんなにとおとくて

いとしいものなのか いま ふりかえっても

おもうことがあるとして

そのことを いつも ひっしにまもってきて

みえてきたこと わかったこと できてきたこと

そうできるじぶんに できたこと 

じぶんにかんしゃしたいとおもうとして

そして いまでも そのことを わすれずに こころにとめていること

きっと のりこえられたこと かんしゃできるって

さいきん よくおもうとして

きっと あのときと おなじじぶんには なれないかもしれない

でも もう あのころの じぶんのあゆみがあるから

いま こうして わらっていられる

そう おもう

かこの じぶんに ありがとう
[PR]
by amaimi_naru | 2011-06-25 20:03 | つれづれ

さいきんは

いまこのじぶんが このとしまで

いきていることを そうぞうしていなかったとして

いまのこの いちにち いちにちが

はっけんの まいにちで

はじめての きもちや はじめての おどろき

はじめての とまどい はじめての うれしさ

と いっきに おしよせてきていたとして

これからの みらい あした を

ゆめみることが できること

そう それが あたりまえの まいにちに

はっきりと とまどっていたとして

ゆめと げんじつを ひとつに

かたちにしていい まいにちが

くることなんて

ゆめにも おもっていなかったとして

げんじつに すきなように すきなとことへ

あるいて すすんで いいこと

こういうまいにちが くることなんて

じぶんには ありえないことだと おもっていたとして

いつも ふつうじゃないじぶんと おもっていたとして

こういうまいにちに であうこと ありえなかったとして

いま それが ありえてること

なんて ふしぎなんだろうっておもうとして

いいんだろうか どうわらっていいんだろうか

どうひょうげんしていいのだろうって

そして ひょうげんのかたちに きまりはない

うれしければ それでいい

かなしければ それでいい

そこさきを みたければ みてみればいい

そんなかんじ
[PR]
by amaimi_naru | 2011-06-25 19:54 | つれづれ

きづいたら

もう びょうきのことを わすれていて

おもいっきりそとを あるけるようになっていたとして

なんだ こんなんでよかったんだ

こういう すたんすって ありなんだ

っておもうしゅんかんが あるとして

とにかく こころのなかが くもっていなくて

うれしくなる

どうして どうして って

あんなに つらかったまいにちが

もう いちにちいちにち どんどん

うしろのほうに なっていく

・・・どれだけ あれから あるいてきただろう

どれだけの がまんや どれだけの くやしさを

あじわっただろう

でも きっと あのひびがあったから

いまの じぶんに つづいてる

だから いま むねはってあるけるんだ

きっと だれしも じしんなんて ないんだ

だったら じぶんで みにつけていけばいい

どんな ほうほうでも いい

いっこいっこ まちがえながら

しゅうせいして かいせいして

じっこうと はんせいで

いろんなかくどで
[PR]
by amaimi_naru | 2011-06-25 19:38 | つれづれ